2017.2.9 What's new 

そのまま食べられるスーパーフード「カカオ豆」がコンビニに登場! -what's new-

カカオ豆

子どものおやつから高級チョコまで様々なチョコが店頭に並ぶバレンタインシーズン。
甘くておいしいチョコレートだけではなく、カカオ成分の高い「ハイカカオ」チョコレートも人気がありますね。

 

カカオ豆がもつ成分


「カカオ豆の成分が脳の劣化を防ぐ可能性がある」として、政府機関が本格的に研究を始めるほど、カカオ豆に注目が集まっています。

カカオ豆の注目の成分がこちら。

1 カカオポリフェノール
老化の原因となる゛活性酸素“を除去する抗酸化作用、動脈硬化などの生活習慣病の予防、脳細胞を増やし、学習能力の低下やうつ病やアルツハイマー型認知症を防ぐために必要とされるBDNFの増加が認められています。

2 食物繊維(リグニン)が豊富
血糖値を下げる効果、整腸効果があります。

3 テオブロミン
神経を落ち着かせストレスを緩和、満足感や幸福感を与える作用があります。

「カカオ豆」が、身近なコンビニエンスストアで!


「ハイカカオ」チョコレートよりも健康効果が期待される「カカオ豆」。
ただ、これまでなかなかカカオ豆そのものを手に入れる事も、食べることも珍しいのではないでしょうか?

2017年2月4日(土)から、関東地区のファミリーマート/サークルKサンクスで、ガーナ産ローストカカオ豆が発売されます。


このカカオ豆の特徴


オーガニック、フェアトレード カカオ豆100%
国際フェアトレード認証ガーナ産オーガニックカカオを100%使用しています。

チャイルドレイバーフリー 100%
このカカオは、チャイルドレイバーフリー。子どもの労働が関わっていません。2009年からガーナのカカオ農園で、児童労働をなくす活動を続ける日本のNPO法人「ACE」の活動地域で大切に収穫されたものです。

1箱に20円がカカオ農家の支援に!
1箱当たり20円がガーナのカカオ農家支援のために、寄付されます。児童労働をなくす支援金となります。心にも体にも美味しいカカオ豆です。

ショコラティエ三枝俊介が手掛けた焙煎
パレドオールのアトリエで、丁寧にロースト。皮をむけばそのまま食べることができる状態で販売されます。


食べ方


※まず、カカオ豆の皮をむく
1. そのまま食べる チョコレートの主原料のカカオ本来の味を体験できます。
2. お酒のおつまみにする ウィスキーやクラフトビールによくあいます。ナッツ感覚でどうぞ。
3. サラダのトッピング、グラノーラにミックス ヘルシーでお洒落な朝食に。
4. お菓子やアイスクリームにトッピング 細かく砕いて、ケーキやクッキーに入れてアクセントに。
5. 「砂糖」と一緒に食べる パッケージには砂糖が添えられています。

カカオの後に砂糖を食べることで、口の中にチョコレートの味が出現!
カカオ豆の味を体感することであなたのチョコレートに対する概念が変わるかもしれませんね!

sub1

ショコラティエ パレドオール:ガーナスマイルカカオ プレミアム カカオビーンズ
容量:50g (別添袋 砂糖5g)
価格:(税込)734円 (本体)680円
販売場所:関東地区ファミリーマート/ サークルKサンクス
(一部取り扱いのない店舗もございます)


 
What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー




 
☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー

 
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ