2017.3.28 ママと子どもの食育レシピ  

シャキシャキの春蓮根でつくおきレシピ!「蓮根餅サンド」【ママと子供の食育レシピNo.68】

蓮根餅サンド

蓮根はお正月のお節料理には欠かせない食材。
穴が空いているので一年の見通しがよくなりますようにと願いが込められているそうです。

 

お正月だけじゃない!


確かに需要が高まるのは年末年始のようですが、蓮根は春にタネ蓮を掘り出し、それを植え、温かくなる春から夏にかけて、太陽の恵みを存分に受けすくすく育ち、収穫されるので、新蓮根と呼ばれるのは8月なんだそうです。

露地栽培、ハウス栽培とものにその後収穫は春まで続きます。

なので、蓮根はハウス栽培の技術の進歩により、一年中楽しめる食材となっています。

 

お弁当のおかずに最適!つくおきレシピ!


つくおきおかずの定番、蓮根。
今回は蓮根を使った”つくりおきおかず”シリーズをご紹介します!

シャキシャキの食感が美味しい蓮根、 簡単なアレンジを効かせて子供も大好きな味に仕上げました。

ぜひ、作ってみてくださいね!

 

蓮根餅サンド


◼︎材料
蓮根 ・・・ 100g
白玉粉 ・・ 100g
水 ・・・・ 適量
白ごま ・・ 大さじ1
醤油 ・・・ 大さじ1
酒 ・・・・ 小さじ1
みりん ・・ 大さじ1

◼︎作り方
1)蓮根は皮をむき5ミリ幅に切り酢水に漬けておく。
蓮根は皮をむき5ミリ幅に切ったれんこん

2)白玉粉に水を少しずつ加え、耳たぶくらいの柔らかさにまとめる。
水を加えて柔らかくした白玉粉

3)蓮根で白玉団子をサンドする。
17353076_990352094428076_7297179217970403901_n れんこんを白玉粉でサンドする

4)フライパンに油(分量外)をしき、蓮根サンドを焼いていく。
フライパンでれんこんサンドを焼く

5)白玉粉が透き通り、蓮根に焼き色がついたら酒、醤油を加え、みりんで照りを出す。

6)最後に白ごまを加える。

白ごまを加えたれんこんサンド

シソの葉や、海苔などを一緒にサンドしても美味しいですよ。
もっちりシャキシャキの食感がたまりません!

 

とにかく収穫が大変!


蓮の花はとっても美しく、品格を感じます。反面、 泥の中に足と手を突っ込み、蓮根が折れないようにゆっくり掘り出すそうです。収穫は寒い冬、暑い夏。。。そう1年を通して出荷されるのです。

農家の方が大切に育て、収穫・出荷した蓮根。
美味しくいただきたいですね。

次回もお楽しみに!

 
講師:中島涼子
中島涼子マンスリークッキング パナー
~安心・安全は家庭から~~家庭料理は家族の絆を結ぶ~2004年 LE CORDON BLUE 神戸校 菓子基礎 中級 上級コース卒
2009年 料理教室lista主催 料理研究家養成コース 卒
2009年 ケータリングプランナー 取得
2009年 ハーブクッキングアドバイザー 取得
2010年 神戸トアロードにカフェをオープン
2011年 自宅にて『記憶に残る料理教室』主宰『記憶に残る料理教室』
記憶に残る料理教室では、忙しい毎日の中にも、お母さんの味を子供に伝え、また、自分の味を見つけることで気持ちに余裕がうまれることを信じています。【中島涼子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ryoko-nakajima/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ