2017.5.16 ママと子どもの食育レシピ  

「いちごのゼリー」の作り方 粉ゼラチンで簡単♪彩りもかわいいので、おもてなしにもオススメ!【ママと子供の食育レシピNo.75】

いちご


初夏の日差しに今が何月かわからなくなるくらい日中は暑くなってきました。
うっかり日焼けも気になります。
身体の中からUV対策としてビタミンCが豊富ないちごをテーマにしました。

いちごの旬は4月〜5月。

いちごの品種によっても違うのですが、12月頃から出たして5月中頃に終わる感じですね。

スーパーでいちごを見るのもあと少しのこの時期。
値段も手頃で熟していて実が小さいので、デザートやジュースなどにするにはいい時期だと私は思います。

いちごを好きな方は多いと思います。

いちごは甘くて美味しいだけじゃない!

とっても栄養豊富です。

健康や美容、ダイエットなどの効果が期待できるフルーツなんです。

ビタミンCは一般的に知られていますが、葉酸・ペクチン・カリウム・キシリトース・フラボノイド・アントシアニンなどお子様の成長に必要な栄養素がたくさん含まれています。

粉ゼラチンを使って簡単なデザートを作ります。見た目も可愛らしいのでおもてなしの一品にもお勧めです。

いちごのゼリー完成図

 

いちごのゼリー



 

【材料】(100ccのカップ6個分)


いちご(小さめ) ・・・ 10〜15個
粉ゼラチン ・・・・・・ 5g(1袋)
水(ゼラチン用) ・・・ 大さじ3
グラニュー糖 ・・・・・ 50g
水 ・・・・・・・・・・ 250cc
白ワイン ・・・・・・・ 50cc

 

【作り方】


(1)いちごはヘタを取り、食べやすい大きさに切り、器にそれぞれ均等に入れておく。

カットしたいちご

 
(2)ゼラチンはあらかじめ水でふやかしておく。

ゼラチンを水に入れている

 
(3)小鍋にグラニュー糖・水・白ワインを入れて中火にかけ、湧いたら火を止めて(2)のゼラチンを加えてよく混ぜる。

小鍋にゼラチンを入れている様子

鍋の具材を撹拌中

 
(4)粗熱がとれた(3)のゼリー液を(1)のいちごが入った器に注ぎ入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

出来たゼリー液を器に入れている

 

とっても簡単です。
かわいい「いちごのゼリー」是非お子さんと一緒に作ってみてくださいね!

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ