2017.7.18 ママと子どもの食育レシピ  

夏の常備菜「やみつきキュウリ」が、簡単で美味しくてやめられない!【ママと子供の食育レシピNo.84】

やみつきキュウリ

夏野菜には夏に不足しがちな栄養素をたくさん含んでいます。

きゅうりにはカリウムが豊富なのでむくみがちになる夏場には嬉しいお野菜。

ぬか漬けなどぬかを使えばカリウムはなんと3倍になるそうです。生のまま食べれるので調理も簡単。

きゅうりを使った美味しい副菜を作ります。

やみつきになるくらいバリバリ食べれますよ!!

ピリ辛がお好きな方は鷹の爪を入れてもより美味しくなります。

きゅうりが大量にある時など、作っておくと常備菜としても便利です。

 

「やみつきキュウリ」


「やみつきキュウリ」材料


きゅうり ・・・ 2本
塩 ・・・・・・ 小さじ1/2

【調味料A】
*おろしにんにく 小さじ1/2
*しょうゆ 小さじ1
*砂糖 小さじ1/2
*ごま油 小さじ2
*すりごま 小さじ1

 

作り方


(1)きゅうりは洗って両端を切り落とし、適当な大きさに切り分け、

19756737_1428879057204512_3913446428064270110_n

ボウルに入れて塩を振って軽く揉んで置いておく。

19894788_1428879090537842_6573638683582173749_n

(2)きゅうりから水気が出てきたら、手でギュッと絞り水気をとる。

(3)ボウルに調味料Aを入れてタレを合わせ、

19875368_1428879103871174_2806999663218840750_n

(2)のきゅうりを加えて混ぜ合わせてしばらく置く。
※置き時間は半日くらいが美味しいですが、合わせてすぐでも食べれます。

19884181_1428879137204504_3067381248972107501_n

 

新鮮なきゅうりの選ぶポイントはきゅうりのイボをよく見てください。イボが尖って触ると痛いくらいのものがおすすめです。張りがあって硬いものを選びましょう。

きゅうりは生で食べる事が多いですが、きゅうりに含まれる酵素にビタミンCを壊す性質があるので、ビタミンCを多く含む他の野菜などと食べ合わせる場合には酢を加えるか火を通して酵素の働きを抑える事が重要です。

ぜひお試しくださいね!

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ