2017.7.25 ママと子どもの食育レシピ  

旬のトマトを美味しく!楽しく!ヘルシーに! 「トマトファルシ オーブン焼き」【ママと子供の食育レシピNo.85】

トマト

旬のトマトを美味しく楽しくヘルシーに♪~
暑い夏だからこそ、エアコンで冷えた体を温かいお料理で癒してあげたいものです。

トマトを加熱することにより、旨味と甘味を引き出し “リコピンパワーも満載” の一品です。

 

トマトファルシ オーブン焼き


<材料>(2人分)


トマト         … 2個(280~300g)
木綿豆腐        … 60g
*ベーコン(みじん切り)… 15g
*パルメザンチーズ   … 小さじ1
*とろけるチーズ    … 20g
*コンソメ顆粒     … 適量
*ピンクソルト     … 適量



トマトファルシ オーブン焼き

<作り方>


1. 木綿豆腐はキッチンペーパーで包み重しをのせて水切りし、ボウルに入れ手でつぶしほぐす。

2. トマトはヘタの部分を切り、果肉とゼリーを取り出し器を作る。

3. 2で取り出した果肉とゼリーの水気を切り、そのうち40gを細かく刻み、*の材料とともに1に加え混ぜ合わせる。

4. 2で作ったトマトの器に3→とろけるチーズ→3の順に入れる。
トマトの器に具を入れた様子

5. 200℃に予熱したオーブンで4を約10分焼き、とろけるチーズをのせ、更に3分焼く。
(この時、2で切ったヘタの部分も一緒にオーブンで焼く)
オーブンで焼かれたトマト

6. 皿に盛り、バジルやイタリアンハーブミクスなどのスパイスをふり、ヘタの部分をフタにして添える。
盛り付け例

 

トマトのおはなしあれこれ...


トマトが赤くなると医者が青くなる。


ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」という格言があるほど栄養価の高い野菜です。

ビタミンCやカリウムが豊富で、注目すべきは真っ赤な色素リコピンです。

リコピンは、ポリフェノールの一種で優れた抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑え体のサビを取るといわれています。

 

加熱やオイル調理で旨味・甘味もUP⤴ リコピンの吸収率もUP⤴


加熱やオイル調理することで旨味成分グルタミン酸がより引き出されます。

トマトのグルタミン酸は、魚介類の旨味成分とあわせると一層旨味が増します。

またトマトの酸味と相乗効果で塩分を控えて調理することができ、とてもヘルシー!!

さらにさらに、リコピンの吸収率もアップするのです。

生のトマトがちょっと苦手という方、ご安心ください、朗報ですね(*^^)

どんなお料理にも美味しく使えるスグレモノです(*^▽^*)

 

美味しさの目利きは...?


ヘタの切り口はみずみずしく、ヘタはぴんと張って緑色が鮮やかなもの。全体に丸みがあり角張っていないものが良品です。

先端に放射状のきれいな星マークが出ているものは甘味が強くて美味しいトマトです。

輪切りにしたとき、断面にゼリーがぎっしり詰まっているものは糖度が高く美味しいです。

ずっしり重みのあるものを選びましょう。

 

甘いトマトは水に沈む...?!


糖度が高いトマトは比重が重く、水に沈みます。

糖度が8度以上になると水に沈むといわれています。

水に沈むことは美味しさのバロメーター。

お店で購入するときは実験できませんが...お家でぜひお子さんと一緒に試してみてくださいね!!

 

追熟させて美味しくいただきましょう


青みが残っているトマトは常温で置くと赤くなります。
これを「追熟」と言います。

そして追熟すると糖度が増し美味しくなります。

購入してすぐに冷蔵庫に入れるのではなく、赤く追熟して食べ頃になってからポリ袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

ただし、冷やしすぎに注意!! 冷やしすぎるとお味が落ちるので気をつけましょう!!

さあ、お子さんと一緒に美味しいトマトをたっぷり召し上がって、暑い夏を元気にお過ごしくださいね!!



石井郁子 プロフィール
石井郁子プロフィール写真
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。
石井郁子Facebook
【今までの記事はこちら】http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ