2017.11.18 What's new 

子育てに最適! 安全性の高い電動アシスト自転車「ギュット・アニーズ・KE」-what's new-

子どもの送り迎えや日々の買い物などに便利と、子育て層にも特に人気の電動アシスト自転車。

パナソニック サイクルテック株式会社がユーザー向けに行った調査によると、特に共働きで毎日自転車を利用される方は、「安全かつ便利で楽に移動できること」を自転車に求めていることがわかりました。

そのパナソニックから、2017年11月20日、スムーズな操作と安全性を向上した、電動アシスト自転車「ギュット・アニーズ・KE」が発売されます。

 
ギュット・アニーズ・KE
 

カバンやポケットに鍵を入れたまま、手元のボタンで開錠できる


「ギュット・アニーズ・KE」に搭載されている自動開錠システム「ラクイック」は、自動車と同じように電子キーを鞄やポケットに入れたまま鍵を開けることが可能です。

通信エリア内である、自転車本体装備のサークル錠から半径約1.2 m以内(最大約3 m以内)で、手元スイッチの電源ボタンを押すと、電源ONと同時にサークル錠が開錠。
慌ただしい朝や荷物が多い時でも手間なく素早く出発でき、お子さまから目を離す時間が短縮されるので、自転車の転倒防止などにも繋がります。

施錠は安全のため手動での操作となりますが、鍵を使わずレバーを下ろすだけでいいので手間がかかりません。

 

お子さまをしっかりと守るシートベルト


「ギュット・アニーズ・KE」のリヤチャイルドシートには、片手でスピーディーに長さを調整できる「巻き取り式シートベルト」が搭載されています。

この、リアチャイルドシートへの「巻き取りシートベルト」搭載は、国内電動アシスト自転車においては業界初。

背面レバーを押すと、車のシートベルトのようにスムーズな引き出しと巻き取りができ、レバーを放せば自動でロックします。
また、シートベルトは肩から腰までしっかり支える5点止めを採用しているので、急ブレーキ時も安心です。

お子さまの成長や衣類に合わせてベルトを調整するのは手間がかかりますが、この「巻き取り式シートベルト」だと、片手でスピーディーにベルト調整が可能。

慌ただしい朝ももたつかずスムーズに出発できるのが嬉しいですよね。


 

充電の手間を軽減する業界最大容量20Ahバッテリー


バッテリーの充電頻度は少なくしたいという方が多いと思いますが、この「ギュット・アニーズ・KE」は、パワーモード走行の63kmで、1日5km、10日間走行したと考えると、10日間毎日乗っても充電の必要がなく、充電の手間が軽減されます。


操作がスムーズになり、安全性が向上した「ギュット・アニーズ・KE」、詳しくはHPをご覧ください。

 
電動アシスト自転車 ギュット・アニーズ・KE
【品番】BE-ELKE03
【カラー】4色(マットジェットブラック/ホワイトグレー/マットオリーブ/マットフォースブラウン)
【メーカー希望小売価格(税抜)】198,000円
【発売日】2017年11月20日
【販売目標台数(ギュットシリーズ全体)】85,000台/2018年モデル

・パナソニック 自転車/電動アシスト自転車
http://cycle.panasonic.jp/
・パナソニック サイクルテック株式会社
http://cycle.panasonic.jp/special/gyutto2018/

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー

☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ