2017.11.14 ママと子どもの食育レシピ 

ホワイトソースを使わないから楽チン! 「マッシュポテトのホクホクグラタン 」の作り方

ほくほくグラタン

朝夕の冷え込みは日に日に強くなってくる季節にうれしい、ほっこりあったまるレシピをご紹介させてもらいます。

北の大地から届いた美味しいじゃがいもを使って...

マッシュポテトのホクホクグラタン



 

材料(2人分)


じゃがいも ・・・・・・ 200g
マッシュルーム ・・・・ 100g
たまねぎ(大) ・・・・ 1個 
にんじん ・・・・・・・ 70g
合挽肉 ・・・・・・・・ 150g
 ☆みそ ・・・・・・・ 小さじ2
 ☆牛乳 ・・・・・・・ 大さじ2
 ☆お好みの塩 ・・・・ 少々
◎コンソメ顆粒 ・・・・ 適量
◎ケチャップ ・・・・・ 大さじ4
◎とろけるチーズ ・・・ 50g(3枚)
◎ホワイトペパー ・・・ 適量
◎粗挽きブラックペパー  適量

 

作り方


1.じゃがいもはよく洗い皮付きのまま蒸す。


2.蒸している間に、マッシュルームとたまねぎは薄くスライスし、にんじんは千切りにする。


3.たまねぎ→にんじん→合挽肉→ジャンボマッシュルームの順にフライパンで炒め、◎の材料で味つけをする。


4.1を熱いうちに濡らした布巾に包み皮をむき、ボウルに入れつぶし、☆の材料を加えマッシュポテトを作る。

じゃがいもを潰す

5.耐熱容器に④と③を交互に入れ、200℃に予熱したオーブンで約10分焼き、とろけるチーズをのせてさらに3分程焼く。

(チーズが溶けたらできあがりです)
できあがり完成写真

 

じゃがいもアレコレ豆知識



栄養成分


主成分はデンプンですが、カロリーはご飯の約半分。

そして、注目すべきはビタミンCの含有量で、りんごの約5倍含まれているとか。

フランスでは「大地のりんご」と呼ばれているほどです。

しかもそのビタミンCはデンプンに覆われているので、保存や加熱による損失が少ないという優れた特徴を持っています。
加熱調理も安心ですね。


保存法


日光や蛍光灯の光により緑化するので新聞紙やダンボールなどで光が当たらないように気をつけ、新聞紙に包んで、風通しのよい冷暗所で保存しましょう。

保存に最適な温度はなんと2℃。

冷蔵庫の野菜室ではなく、チルドが向いているのです。

また、りんごと一緒におくと芽が出るのを遅らせます。

 

調理のコツとポイント


水からゆっくり茹でたり蒸したりすると熱が均一に通りやすく上手に仕上がります。

皮の周りに栄養素がたっぷり含まれます。皮つきのまま茹でたり蒸したりして、粗熱を取ってから皮をむくとよいでしょう。

熱いうちに皮をむきつぶすと、つぶしやすく、なめらかなマッシュポテトに仕上がります。

ホクホクした粉質や、煮崩れにくい粘質のものなど品種により様々な味わいや特徴があります。上手に使い分けましょう!!

 

おまけのレシピ


じゃがいも

蒸したじゃがいもを食べやすい大きさにカットして、お好みの塩とローズマリー(ドライ)をふってオーブンで焼くと「ローズマリーポテト」のできあがり。

オーブントースターでも作れますよ。

ぜひお試しくださいね。

 
【ママと子供の食育レシピNO.】
石井郁子 プロフィール
石井郁子プロフィール写真
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。
石井郁子Facebook
【今までの記事はこちら】http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ