2017.11.28 ママと子どもの食育レシピ 

おうちにある材料を混ぜるだけ! おやつにちょうどいいカップケーキ【ママと子供の食育レシピ】

カップケーキ

こどもが学校からお腹を空かせて帰ってきた時に、カップケーキの香りに喜ぶ顔を想像したら、こちらまで嬉しくなります。

ただいまっ!の元気な声に幸せを感じます。

覚えやすい分量で、おうちにある材料を混ぜるだけでできる簡単なレシピです。

アレンジもしやすいので、ぜひいろいろ作ってみてくださいね!

 

【チョコチップ カップケーキ】


カップケーキ完成

準備


1)材料を常温にしておく
2)オーブンを予熱190度にする
3)粉類(薄力粉、シナモン、クローブ)は振るっておく

材料 8個分


カップケーキの材料
薄力粉    ・・・100g
バター    ・・・100g
砂糖     ・・・100g
卵      ・・・2個
シナモンパウダー・・少し
クローブパウダー・・少し
チョコチップ ・・・30g

 

作り方



1)ボウルにバターを入れ、ハンドミキサーでポマード状にする。

(ポマード状とは、マヨネーズくらいのなめらかさ)


2)砂糖を3回に分けて加えていき、都度混ぜる。


3)溶いた卵を4回に分けて少しづつ加えて、都度混ぜる。

(一度に加えると分離の原因になるので、少しづつ)
溶いたタマゴを混ぜる

4)振るった粉類をいちどに加え、ゴムベラで混ぜ半分ほど混ざったらチョコチップを加えて、全部を混ぜ合わせる。

粉類を加えるチョコチップを加える


5)大きめのスプーンでカップケーキ型に入れ、180度のオーブンで18分〜20分焼く。

ポイントは、材料の温度。全てを常温にしておくことで、混ざりやすくなります。
※カップの大きさや、オーブンにもよるので、焼き時間は調整してください。
カップに入れる


爪楊枝や竹串を刺して、生地がつかなければ焼き上がり。

※シナモン、クローブはなくても美味しくできます。
カップケーキ焼き上がり


最後に・・・

カップケーキはもともとアメリカ発祥と言われています。

細かい計量をしなくてもカップで計って、混ぜて焼くだけという簡単にできるその名も”カップケーキ”は忙しいお母さんの合理性を求める知恵から生まれたのかもしれませんね!

手作りのおやつには、添加物など余計なものが入らず、お母さんの愛情だけが詰まっています。

ぜひ作ってみてくださいね!

 
講師:中島涼子
中島涼子マンスリークッキング パナー
~安心・安全は家庭から~~家庭料理は家族の絆を結ぶ~
2004年 LE CORDON BLUE 神戸校 菓子基礎 中級 上級コース卒
2009年 料理教室lista主催 料理研究家養成コース 卒
2009年 ケータリングプランナー 取得
2009年 ハーブクッキングアドバイザー 取得
2010年 神戸トアロードにカフェをオープン
2011年 自宅にて『記憶に残る料理教室』主宰『記憶に残る料理教室』
記憶に残る料理教室では、忙しい毎日の中にも、お母さんの味を子供に伝え、また、自分の味を見つけることで気持ちに余裕がうまれることを信じています。【中島涼子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ryoko-nakajima/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ