2017.12.5 ママと子どもの食育レシピ 

じゃがいもだけで簡単に一品おかず「じゃがいものガレット」の作り方

じゃがいものガレット

ご紹介する「じゃがいものガレット」は、じゃがいもをたっぷり使います。

ビタミンCが豊富なので、風邪を引きやすい季節に、食べたいですね。

今回は、じゃがいものでんぷん質を利用して焼き固めます。

揚げないハッシュドポテトのような感覚で、お酒のおつまみにもお子様のオヤツにもなる万能な一品です。

じゃがいもさえあればとっても簡単に作れますよ!

 

材料


じゃがいも(メークイン) ・・ 3個(約350〜400g)
塩 ・・・・・・・・・・・・・ 小さじ1/2
オリーブ油 ・・・・・・・・・ 大さじ1
ネギ(小口切り) ・・・・・・ 適量
鰹節 ・・・・・・・・・・・・ 適量

 

作り方


1.じゃがいもは洗って皮を剝き、薄切りにしてから細切りにする。


じゃがいもを薄切りにするじゃがいもを千切りにする

2.ボウルに1のじゃがいもを入れ、塩とオリーブ油大さじ1を加えて良く混ぜる。


ボウルにじゃがいも

3.フライパンにオリーブ油(適量)を熱し、2のじゃがいも半量を入れ、均等な厚さに広げて両面をカリッと焼く。


フライパンにじゃがいもを入れて片面を焼くじゃがいもの片面を焼く

4.同様に残りのじゃがいもを焼き、適当な大きさに切り分けてトッピングのネギと鰹節をかけて頂く。


ガレット焼き上がり焼きあがったガレットにトッピング


じゃがいもを細かく切る事でデンプンがよく出ますので、決して水にさらさないように注意して下さい。

手で切るのが面倒な場合はスライサーですると早くできるのでおすすめです。

トッピングのネギと鰹節はお好みなので、なくてもシンプルに美味しく頂けますよ。

 

最後に


師走の12月に入りました。これからイベントがたくさんで楽しみなんですが、年末に近づくにつれて慌ただしくなりがちです。忙しい時、ご飯のおかずに悩みます。普段料理に慣れていても頭が働かない時があります。

きっと疲れているんですよね。

そんな時は、簡単に作ることができる一品おかずが、おすすめですよ!

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ