2017.12.26 ママと子どもの食育レシピ 

寒い冬に心もからだも温まる”かぶのポタージュ”【ママと子どもの食育レシピ】

かぶ

寒い冬にどんどん甘みをまして、美味しい旬を迎えるかぶ。

かぶは、消化の働きをよくする効果があると言われています。

優しい蕪のスープで年末年始に負担のかかる胃腸を整えましょう。

また、葉の部分にはビタミンcも豊富に含まれているので、風邪予防にも一役買ってくれそうですね。

今回は、奈良県産の大きなかぶを頂いたので、まるごと使ってみました。

 

かぶのポタージュ


かぶのポタージュ

材料 4人分


かぶ  ・・・小かぶなら 3個
     ・・・大かぶなら 1個
      (大きさは目安です)
白ねぎ ・・・広い部分1本
水   ・・・3カップ
バター ・・・10g
牛乳  ・・・1カップ
塩   ・・・適量


作り方



1)かぶは皮をむき、繊維に沿って薄切りにする。

薄切りのかぶ

白ねぎは斜めの薄切りにする。
ねぎ

2)鍋を熱し、バターを溶かす

かぶと白ねぎを焦がさないように中火でじっくり炒める。

3)全体にバターがなじんだら、水を加え20分ことこと弱火で煮込む

かぶとネギを煮込む

4)粗熱を取り、ミキサーで滑らかにする

ミキサー

5)鍋に戻し、牛乳を加えゆっくり温め塩で味を整える



6)器に盛りお好みで黒胡椒を振るう。


きれいな白色のポタージュです。
焦がさないようにゆっくり炒めるのがポイントです。

また、牛乳を加えたら沸騰させないように気をつけましょう。
牛乳を加える前の状態でジップロックなどに入れて冷凍しておけば、いつでもあったかポタージュができます。

寒い朝にトーストとかぶのポタージュ、いいですね!

 
『かぶの葉や皮も栄養満点!捨てないで!』
 

かぶの葉の煮浸し


かぶの葉の煮浸し


材料


かぶの葉 ・・・スープで使ったかぶの葉
薄揚げ  ・・・2枚
豚肉   ・・・100g
出汁   ・・・2カップ
醤油   ・・・大2
みりん  ・・・大2
塩    ・・・小1/2


作り方



1)かぶの葉と茎は食べやすい長さ5cm幅に切る

薄揚げ、豚肉は食べやすい大きさに切る。


2)鍋に出汁、醤油、みりん、塩を入れ火にかけ沸かし、豚肉、薄揚げを加える


3)一煮立ちしたら、かぶの葉と茎を加えしんなりするまで煮る


 

かぶの皮の浅漬け


かぶの皮の浅漬け

材料


かぶの皮  ・・・スープで使ったかぶの皮
ゆずのしぼり汁・・大1
ゆずの皮  ・・・適量


作り方


1)かぶの皮は細く食べすい大きさに切る。

塩で揉み、15分ほど置いてから水分をしぼる。
食べてみて塩が効き過ぎていたら水でさらし、塩が薄ければ軽く塩を足す。

2)ゆずのしぼり汁、皮を刻んで和える

かぶの葉、茎をさっと塩茹でし、サラダにしても美味しいですよ。

かぶを見かけたら是非、作ってみてくださいね!

 
講師:中島涼子
中島涼子マンスリークッキング パナー
~安心・安全は家庭から~~家庭料理は家族の絆を結ぶ~
2004年 LE CORDON BLUE 神戸校 菓子基礎 中級 上級コース卒
2009年 料理教室lista主催 料理研究家養成コース 卒
2009年 ケータリングプランナー 取得
2009年 ハーブクッキングアドバイザー 取得
2010年 神戸トアロードにカフェをオープン
2011年 自宅にて『記憶に残る料理教室』主宰『記憶に残る料理教室』
記憶に残る料理教室では、忙しい毎日の中にも、お母さんの味を子供に伝え、また、自分の味を見つけることで気持ちに余裕がうまれることを信じています。【中島涼子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ryoko-nakajima/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ