2018.2.6 ママと子どもの食育レシピ  

みかんをお洒落に食事としていただく!? 「スイートオレンジチキン」の作り方【ママと子どもの食育レシピ】

スイートオレンジキチン

厳しい寒さが続くと白菜や長ねぎたっぷりの温かいお鍋を頂いたり、冬に本来の旬を迎え甘く美味しくなる青菜をたっぷり頂いてビタミン補給をして風邪の予防に備えたいところですが...

2017年〜2018年の冬は、野菜の価格がとにかく高い状態が続いています。

スーパーなどで野菜を買おうと伸ばした手をついつい引っ込めてしまうことも、しばしばあるのではないでしょうか。

そうは言っても、美味しいヘルシーなお料理をたっぷり頂きたいものですよね。

そんな時にオススメしたいのが、比較的価格が安定しているりんごやみかんを使ったレシピです。

りんごやみかんといっても、スイーツではありません。

冬が旬のみかんを使った一品をご紹介しましょう。

 

おやつだけじゃない!! お食事にもみかんを


みかん

簡単に手でむくことができ、手軽に召し上がれるみかんですが、普通におやつでいただくだけでなく、みかんをお洒落にお食事として召し上がっていただけるレシピです!!

みかんの香りも豊かで、心にもカラダにもやさしいヘルシーメニューです。

 

スイートオレンジチキン


オレンジキチン


「スイートオレンジチキン」<材料>(4人分)



鶏もも肉   … 350g
みかん    … 3個(250g)
たまねぎ   … 大1/2個
パセリ    … 適量
はちみつ   … 大さじ1/2
バター    … 15g
ピザ用チーズ … 50g
塩・胡椒   … 適量

 

「スイートオレンジチキン」作り方


1.みかんは外皮をむき、7~8㎜厚さの輪切りにする。
2.たまねぎは薄切りにする。
3.フライパンを熱し食べやすい大きさに切りホワイトペパーをふった鶏もも肉の両面をこんがり焼き、塩をふる。
4.別のフライパンで2のたまねぎを炒めフタをして蒸し焼きにし、透き通ってきたら1のみかんを加えホワイトペパーをふり、へらで押しつぶしながら炒めフタをして7~8分蒸し焼きにする。
5.みかん果汁が出てきたらはちみつを加え、3の鶏もも肉を加え、更に7~8分煮て、塩で味を調える。
6.耐熱容器に5を盛り、ピザ用チーズをのせ、220℃に予熱したオーブンで約10分焼く。
7.みじん切りにしたパセリをふりかける。

 
手が込んでいるようで実は簡単! ほんのり甘くてお子さまにも喜んで頂けることと間違いなしです。

ご家族で楽しんでいただけるメニューです。

ぜひお試しください。

みかんあれこれ知っ得情報


みかんはビタミンCが豊富で、乾燥肌や風邪の予防にも効果的といわれ、この時期とても嬉しい果物です。

さらに白いスジや袋にも栄養があって、高血圧や動脈硬化の予防に役立つといわれています。
なので袋ごと、スジを取らずにいただきたいですね。
(今回ご紹介したメニューは外皮をむくだけで、スジや袋を丸ごと召し上がって頂けます。)

丸くて可愛い小さな果実の中はパワー満点で、実はこんなにも体に嬉しい効果がぎっしり詰まっているのです。手軽で美味しいだけではないのです。

甘くて美味しく、その上体にもよい作用をもたらしてくれるみかんをたくさん召し上がって、厳しい寒さの毎日を元気にお過ごしくださいネ!!

石井郁子 プロフィール
石井郁子プロフィール写真
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。
石井郁子Facebook
【今までの記事はこちら】http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ