2018.2.19 ママと子どもの食育レシピ  

身体もポカポカで心もほっこり「山芋の生姜スープ」【ママと子どもの食育レシピ】

山芋と生姜のスープ

山芋のおいしい季節は冬の寒い間の11月〜2月。
風邪が流行る頃、食欲がない時や胃腸に優しい物が食べたい時に食べたるなるのが野菜ですね。

日本では山芋を「山のうなぎ」と言うくらい栄養化が高く、疲労回復やスタミナ強化に期待出来る健康食材。
山芋にも色々種類がありますが、今回はお手頃な長芋を使ったスープの作りかたをご紹介します。

 

「山芋の生姜スープ」


材料


山芋と生姜のスープ

長芋 ・・・・・・・・・・・・・・ 6cm程
豚肉(切り落としの薄切り) ・・・ 50g〜80g
えのき ・・・・・・・・・・・・・ 1/3袋
玉ねぎ ・・・・・・・・・・・・・ 1/4個
だし汁(かつお昆布だし) ・・・・ 4カップ
しょう油 ・・・・・・・・・・・・ 小3
みりん ・・・・・・・・・・・・・ 小さじ2
塩 ・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ1/2
ネギ(小口切り)・・・・・・・・・ 適量
おろし生姜 ・・・・・・・・・・・ 適量

作り方



1.長芋は皮を剥いておろしておく。豚肉は1cm幅に切り、えのきは石付きを落とし、3等分に切る。玉ねぎは細切りにする。


2.鍋にだし汁を沸かし、1の長芋以外の食材を入れて火が通るまで煮る。

※豚肉はひっついている場合、肉と肉を剥がしながら入れて下さい。
長芋以外を煮る

3.鍋が煮えてきたらしょう油・みりん・塩を加えて味を整え、1のとろろ芋を入れ、ひと煮して火を止める。

器に注ぎ入れ、ネギとおろし生姜を乗せて頂く。
とろろを加える

出来上がり


 

最後に


汁物に長芋を入れるの?と思われるかもしれませんが、すりおろした長芋がスープの旨味と絡んでとろーりと美味しいんですよ。

生姜をアクセントに加えて身体もポカポカで心もほっこりです。

是非、お試しください。

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ