2018.3.18 ブランシェスよりメッセージ 

【3.11】おのくんの大阪里親会に参加してきました

東日本大震災から7年・・・

ブランシェスでは震災後、有志で福島県南相馬市、宮城県気仙沼大島、岩手県の陸前高田などボランティアへ行き、家財道具の整理や畑仕事、防災林の植樹等を継続して行なっています。

毎年ボランティアへ参加していると、少しづつですが、住居や道路等など、町の様子が整備されつつある様子が伺えますが、今だ行方不明者2500人、今も73000人が非難生活をしているという現実に心が痛みます。

2018年3月11日は、東日本大震災から丸7年の日 “おのくん”の里親会に参加


おのくん里親会にて
ブランシェスの本社がある大阪吹田市で“おのくん里親吹田世話人会”主催の“おのくん”の里親会が開かれるという事でブランシェススタッフも、マイおのくんを連れて参加してまいりました

“おのくん”とは、このページでも頻繁に登場している宮城県東松島の復興の願いを込めた小野応急仮設住宅産まれのソックスモンキーです。
おのくんたち

購入者を“里親”と呼び、また東松島に里帰りしてほしいという願いがこもっています。

ブランシェスには、東北~九州まで全国におのくんの家族(里親)がおります。
各地の店舗で見かけたり、ブログで見た事ある方も多いのではないでしょうか?

当日は、多くのおのくんの里親さんが集まりました



3月11日はNHKでも朝から震災の特集が放送されており、宮城編として“おのくん”の人と人を繋ぐ心あたたまるお話が放送されました。



そして!大阪の里親会の会場とおのくんの実家である宮城県の「空の駅」が中継で繋がり、里親自慢の様子が流れました。
大阪で“おのくん”の里親さんどれくらい集まったと思いますか?

なんと!総勢170名!
おのくん里親集合写真


東北からこんなに離れた大阪で“おのくん”が170人もの人を繋いでくれました。
恐るべし“おのくん”

当日は音楽コンサートやおのくんの絵本の読み伝え等もあり、この日限定45体のおのくんも全て新しい里親さんにもらわれていきました^^
里親会コンサート

現地へ行かないと買えない“おのくん”ブランシェスメンバーも2体、家族に迎え入れました。

おのくんのエサ(綿や目玉、靴下などの材料)もあふれんばかりに集まり、東松島へ届けられます。
おのくんエサ

こんな素敵な企画をしてくださった里親会のみなさまに感謝です。
また機会があれば参加して、あたたかい時間をみなさんと共有したいと思います☆

最後に・・・


ブランシェスでは、おのくんの材料となる靴下の寄付おのくんの生誕祭“めんどくしぇ祭り”で出店を行い、おのくん用の手作り服飾雑貨の販売や衣装や帽子をリメイクするワークショップ等も行い、売上金を「空の駅」寄付へ役立てています。

ワールドワイドなおのくんは、同じ3.11に台湾でも“里親会”が開かれており、その様子がSNSでアップされていたのですが、なんとブランシェスで“めんどくしぇ祭り”に出店した時におのくん用服飾雑貨を購入してくださった方が、その衣装を着せてSNSにアップしてくださってました。海を越え・・・感激です!!!

みなさんも、おのくんの里親になってみませんか?
“おのくん”プロジェクトをひき続き応援してまいります。


 



ピースフルブランシェス

 
☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー

 
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ