2018.4.16 ママと子どもの食育レシピ 

伸びる野菜「筍」と若い実をいただく「グリーンピース」を使った「筍とグリーンピースのチーズ焼き」

筍とグリーンピースのチーズ焼き

「春の味覚」といえば . . . 真っ先に思い浮かぶのは「筍」と「グリーンピース」。

1年中出回る野菜が多い中、これらは春のこの時期にしか味わえない貴重な存在です。一年に一度だからこその醍醐味をたっぷり堪能したいもの!!
特に竹冠に旬と書く「筍」は、その名の通り一瞬(旬)で竹に成長してしまいます。

そんな成長が早い「筍」は、新しいスタートをきるこの時期にふさわしい野菜ではないでしょうか...?
まさに旬の一瞬を味わうことのできる野菜ですネ!!

そしてもうひとつ、若い実をいただくグリーンピースも草木が芽吹き成長し新しい命が生まれる4月のイメージにぴったりではないでしょうか。

今回はそんな伸びる野菜「筍」と若い実をいただく「グリーンピース」のコラボレシピをご紹介します。


 

お子さまにも大好評!!「筍とグリーンピースのチーズ焼き」


筍とグリーンピースのチーズ焼き

材料(2人分)


茹で筍 ・・・・・・・ 120g
グリーンピース ・・・ 40g
とろけるチーズ ・・・ 80g
コンソメスープ ・・・ 小さじ2
ピンクソルト ・・・・ 少々
粗挽きブラックペパー・ 適量


 

まずは下準備を ! !



【1】筍を茹でましょう。

筍下準備

1. 筍の先端を少し斜めに切り落とし、茹でた後皮がむきやすいように中身の手前まで切れ目を入れる。
2. 鍋にたっぷりのを水を入れ、米ぬかと鷹の爪を加え、筍を入れて落し蓋をして約1時間茹でる。
3. そのまま冷まし、さらにアクを抜く。
4. 冷めたら皮をむき冷水につけて保存しましょう。

 
【2】グリーンピースを鞘から出しスープなどで茹で、下味をつけておきましょう。

グリーンピース

 

作り方


1.フライパンにクッキングシートを敷き、茹で筍を並べコンソメスープをかけてフタをして弱火で加熱。
2.1にピンクソルトと粗挽きブラックペパーをふり、とろけるチーズをのせて再びフタをして弱火で加熱。
3.チーズがとろけ始めたら、下味をつけて煮たグリーンピースを散らし再度フタをして蒸らして出来上がり!!

 

筍(たけのこ)あれこれ知っ得情報


黒いざるに盛った筍と菜の花

地下茎から伸びた若い竹の芽


筍は竹の地下茎から伸びる若い芽。
70種類近くあるといわれる竹の中でも食用とされる竹の芽(=タケノコ)はほんの数種類だそうです。 「孟宗竹」「淡竹」「真竹」「根曲がり竹」「寒山竹」などで、それぞれに旬があり、順に追っかけて出回ります。

 

カラダに嬉しい成分がいっぱい


筍には召し上がると感じて頂けるように、食物繊維が多く含まれています。
この食物繊維は不溶性で腸の蠕動運動を促すといわれ、便秘改善にも効果的です。

 

食べ過ぎにはご注意を!!


カラダに嬉しい作用がいっぱいの筍ですが、アクが強いので食べ過ぎると吹き出物が出たり、アレルギーに似た症状がおこることもあるといわれていますので、食べすぎにはご注意ください!!

アクはえぐみのモト。ぬかや米のとぎ汁で茹でてしっかり取り除きましょう。

収穫後時間の経過につれ、どんどんえぐみが増すので、購入後はなるべく早く茹でましょう!!

若竹煮や木の芽和えなどをあまり好まれないお子さまにもきっと喜んで頂ける一品になることでしょう。
ぜひお子さまとご一緒にお楽しみください。

 
【ママと子供の食育レシピNO.】
石井郁子 プロフィール
石井郁子プロフィール写真
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。
石井郁子Facebook
【今までの記事はこちら】http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ