2018.5.14 ママに届けたいメッセージ 

夢を語る子どもを育てるために、パパ・ママは何をする? 〜ママに届けたいメッセージ  Vol.183~

0514

子どもには大きな夢を持ってほしいと願うもの。
ところが、子どもに“将来の夢”を聞いても答えてくれないということもある。

それはなぜだろう。

夢=職業ではない。
もちろん、どんな仕事をしたいというのも夢のひとつ。
でも、それだけではない。

どんな大人になりたいか、どんな社会で生きていきたいか、どんな社会を作りたいか、
そうした、子どもの描く未来、理想、希望を聞いているだろうか。

大人が子どもに、「こうしなさい」「ああしなさい」と言ってしまうと
子どもは自由に未来を描くことができない。
子どもの力を信じ、自由に羽ばたくチャンスを与えることで、子どもは大きくなる。

子どもの好奇心を尊重し、興味や関心の芽をぐんぐん伸ばしてあげると
才能は開花する。

夢を持つということは希望を持つということ。
希望を持つということは、自分に自信を持ち、自分の可能性を信じること。

そしてまた、親が見せる背中も大切。
夢を語る子どもを育てたいのであれば、親自身が夢を追い求める姿勢を見せることが大事である。
大人が夢に向かって一生懸命頑張り、イキイキとしていれば、
子どもたちはその姿を見て、自然と夢を語るようになる。

ママの夢は?
パパの夢は?
大人こそ、なりたい自分を考えてみる必要がある。

そしてそれを、子どもと一緒に語り合ってみよう。
親子で夢を共有してみよう。

きっとワクワクの未来が待っている。

 




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ