2018.5.28 ママに届けたいメッセージ 

感性を育もう! “体験”を通して子どもの五感を刺激する言葉がけ 〜ママに届けたいメッセージ  Vol.185~

草原の男の子

「ママ、この石、触ってみて! ビー玉みたいにツルツル、真ん丸だよ!」
「ママ、このお洋服、お日様のにおいがするね」
子どものふとした言葉に、子どもならではの視点、感性を感じることはありませんか?

子どもはいろいろなことに敏感で、大人にない物の見方をしたりします。

その感性や好奇心を育て、豊かな心を育みたいと思うもの。

そのために重要なのは、子どもの五感を刺激すること。

見て、聞いて、触って、味わって、匂いを嗅いで、そのときに生まれた感情を大切にすることが大切です。

今の世の中、インターネットで検索すれば情報が何でも簡単に手に入ります。
植物の成り立ちも、昆虫の生態も、外国の風景も、
なんでも“手のひら(スマートフォン)”で繰り広げられていたりします。

でも、それでは豊かな心を育むのに十分だとは言えません。

バッタを昆虫図鑑で見ても、例えその様子を動画で見たとしても、
実際のバッタが原っぱでどんな風に跳びはね、すばしっこくてなかなかつかまえられないことなど、
知ることはできないのです。

子どもたちは、五感を使って、体験し、そして様々なことを学んでいきます。
実際に見てどうだった
触ってみてどうだった
その体験こそが、豊かな心を育むのです。

情報が簡単に手に入ると同時に、“体験”をする場所も減ってきているのも現状。
子どもたちが、安心、安全に、思いっきり遊べる場所も、少なくなってきているのかもしれません。

自然に触れることができなくても、親子で出かけた際、五感を意識した会話を心掛けてみてはいかがでしょうか。

「この電車の音と、さっき通った電車の音、ちょっと違うよね。どんな風に聞こえた?」

そんな会話で、子どもの豊かな感性を引き出してあげてみませんか。


 




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ