2018.6.11 ママと子どもの食育レシピ  

「なすの豚バラ巻き」で、梅雨の時期の食卓を爽やかに!【ママと子どもの食育レシピ】

なすの豚バラ巻き

梅雨の時期の食卓を爽やかにしてくれる、みずみずしい旬の味「なす」の簡単レシピをご紹介します。

 

なすの豚バラ巻き



<材料>(2人分)


な す ・・・・・・・ 1本(120g)
豚バラ肉 ・・・・・・ 6~8枚
ホワイトペパー ・・・ 適量

 

作り方


1.なすはガクをとり、縦6~8等分に切る。



2.豚バラ肉にホワイトペパーをふり①のなすをのせくるりと巻く。



3.フライパンを熱し、2の豚バラ肉を合わせ目を下にして並べ、くるくる転がしながらフタをして蒸し焼きにする。

フライパンで焼く

 
4.器に③を盛り、お好きなソースでいただく。

なすの豚バラ巻き



 

ママたちにおススメ 柚子胡椒で爽やかさUP ! !


柚子胡椒ソース

 

柚子胡椒ソース


◎柚子胡椒 ・・・・・ 小さじ1/4
◎絹こし豆腐 ・・・・ 25g 
◎だし醤油 ・・・・・ 小さじ1/2
◎酢 ・・・・・・・・ 小さじ1
◎みりん ・・・・・・ 小さじ1/4

 

なすのあれこれ知っ得情報


なす

選び方


皮の色が濃くハリがあってキズや変色のないもの、ヘタの切り口がみずみずしく、しっかりしているものを選びましょう。
棘(トゲ)に触れると痛いくらい鋭くとがっているものは新鮮な証拠。

 

保存法


風や空気に触れないように新聞紙に包んで常温保存しましょう。
低温に弱いので冷蔵庫に入れるのは避けましょう。しかし真夏はポリ袋に入れ新聞紙に包み冷蔵庫の野菜室で保存するのがよいでしょう。(冷やしすぎに注意しましょう)
2~3日で使い切ることがおススメです。

 

調理のポイント


味にクセがなくどんなお料理にも相性がよく、レパートリーが広がります ! !
煮る・焼く・炒める・和える・揚げるなど、なんでもOK(*^^)v
特に揚げ物や炒め物など、油との相性が抜群です。
加熱のよって甘味、旨味が増し、果肉にとろみがつきます。

 

なすが油と相性のよい理由


なすの美しい色を保つ命の色素である「アントシアニン」は、高温で加熱することによって脱色せず、美しい色を保つことができるのです。
また、高温で加熱することによってアクが甘味に変わり、果肉は油をよく吸収してやわらかになるからです。

これから旬を迎える「なす」。
お子さんと一緒にくるくる巻いて作って、美味しく召し上がってくださいね。


最後に


雨の情景

6月の和月名は「水無月(みなづき)」。梅雨の季節で雨がよく降るのにどうして水が無い月なの?と疑問に思われるかもしれませんね。

実は「無」には「無い」という意味ではなく「~の」という意味があって、田に水を張る月であることから「水の月」と呼ばれるようになったようです。

他に、田植えはとても労力を使うので「皆で尽くした月」から「皆尽月(みなづき)」といわれていたという説もあり、どちらの由来にも田植えが関わっているのは「稲作文化」で栄えてきた祖先が垣間見え、とても興味深く感じます。現代の私たちは祖先が培ってきた農作物の恵みに感謝していただきたいものです。

【ママと子供の食育レシピNO.】
石井郁子 プロフィール
石井郁子プロフィール写真
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。
石井郁子Facebook
【今までの記事はこちら】http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ