2018.6.25 ママと子どもの食育レシピ  

「鶏ハムと夏野菜の夏越しごはん」で、暑い夏を乗り切り、一年の後半を元気に過ごしましょう!【ママと子どもの食育レシピ】

夏越しご飯

毎年、1年の前半の最終日にあたる6月30日に行われる、大祓の神事「夏越の祓(なごしのはらえ)」という行事はご存知ですか?

神社の鳥居の下や拝殿前などに茅(ちがや)や藁で作った大きな輪を設け、「茅の輪(ちのわ)くぐり」を行って、一年の前半の罪や穢れを祓い、残りの半年間の無病息災を祈ります。

その行事食である夏越ごはんは、「夏越の祓」の茅の輪の由来になった、蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞嗚尊(すさのおのみこと)を「粟飯」でもてなしたという伝承にならった「粟」、邪気を祓う「豆」などが入った雑穀ごはんや五穀や小豆ごはんに、茅の輪をイメージした緑や、邪気を祓う赤の旬の夏野菜を使った丸いかき揚げをのせ、百邪(ひゃくじゃ)を防ぐといわれる旬のしょうがを効かせたおろしだれをかけたごはんです。

今回は、行事食である夏越ごはんを、お子様も楽しめるアレンジレシピで、ご紹介させていただきます。

 

鶏ハムと夏野菜の夏越しごはん



材料 (2人前)


夏越しご飯の材料

雑穀米 ・・・・・・・・ 2膳分

 
【鶏ハム用】
鶏ハム材料
鶏もも ・・・・・・・・ 200g
塩 ・・・・・・・・・・ 2g
胡椒 ・・・・・・・・・ 少々
オリーブオイル ・・・・ 50cc
にんにく ・・・・・・・ 1片
ローズマリー ・・・・・ 1枝

 
【生姜タレ用】
生姜タレ材料
しょうが ・・・・・・・ 5g
バルサミコ酢 ・・・・・ 3g
砂糖 ・・・・・・・・・ 1g
すだち汁 ・・・・・・・ 大さじ1※レモンでも可
お好みの野菜 ・・・・・ 150g
鶏ハムを作った際の汁 ・ 大さじ1
※芽の輪をイメージした緑の野菜(ゴーヤ、いんげん、枝豆、オクラなど)、邪気祓いをする赤(パプリカや人参など)
(今回は、ベビーリーフ、ズッキーニ、トマト、パプリカ、大根で仕上げました。)

 

作り方



雑穀米を炊く

雑穀米

鶏ハム作り


鍋に2L以上のたっぷりのお湯を沸かす。



鶏肉に塩、胡椒をし、スライスしたニンニクとローズマリー、オリーブオイルをフリーザーバッグに入れてしっかり封をする。
鶏肉

▼フリーザーバッグに入れる際、しっかりと袋の中の空気を抜くこと。
フリーザーバッグに入れた鶏肉

 
沸騰したお湯にフリーザーバッグごと入れ、火を切り、しっかりと蓋をして、40分置く。
お湯にフリーザーバッグ

しょうがタレ作り


しょうがをすりおろし、すだちを絞り、砂糖、バルサミコ酢、鶏ハムが完成した際に出る汁、全てをよく混ぜる。
生姜ダレづくり

どんぶりに、雑穀米を盛り、食べやすいサイズの鶏ハムとお好みの野菜を盛り付ける。最後にしょうがタレをかけて完成です。

ご家族で、夏越しごはんを食べて、暑い夏を乗り切り、一年の後半を元気に過ごしましょう!

夏越しご飯完成


講師:辻亜耶
il sole Gao マネージャー3児の母。
2009年に東京都杉並区に親子カフェをopen。
2018年1月に東京都世田谷区にil sole Gaoとして移転。毎日多くの子連れ客でにぎわい、英語やリトミック、バランスボール等の子育て講座を多数開催。
長男の食物アレルギーをきっかけにアレルギー対応食の対応をはじめ、これまでにのべ1万人以上のアレルギー対応を行う。
同店シェフと共に企業へのレシピ提供や商品開発等に携わり、参加全員の食物アレルギーに配慮した料理教室の開催や出張料理等も行う。
また、東京都福祉保健財団 平成29年度東京子育て応援事業にて障害者施設と連携した食物アレルギー対応モデル店舗構築事業を行なっている。
辻亜耶
 
【イタリア料理店「iL Sole Gao」】Facebookページ

【辻亜耶の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/aya_tsuji/


【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ