2018.7.23 ママに届けたいメッセージ 

子どもの自己肯定感を高めるポジティブワード 〜ママに届けたいメッセージ  Vol.193~

公園で遊ぶ親子

親が無意識に使っている言葉でも、
子どもに大きな影響を与えるというのはよくあること。

子どもに対する声かけの仕方ひとつで
子どもの気持ちが上向くかどうか、やる気スイッチが入るかどうかも変わってきます。

最初に心掛けたいのは、
「〇〇しちゃダメ!」「〇〇しないで!」を「〇〇しよう」のプラスの言葉に置き換えること。

「そんなことしちゃダメでしょ」と言うのではなく、「こうすると喜ばれるかもね!」
「走らないで!」「うるさくしないで!」は「ゆっくり歩こうね」「小さな声でおしゃべりしようね」

ママ基準で子どもを見ると、どうしてこうなの?! なぜできないの? と思うこともたくさんあります。
そんなとき、ついつい、強い口調で、時には命令口調で、子どもに接してしまいます。

「どうしてできないの?」
「何度も同じこと言わせないで!」
「早くしなさいって言ったでしょ!」
「もう知りません! 勝手にしなさい!」

こんなことを言われて嬉しい人はいません。

では、そう言ってしまいそうなときは、どうすれば良いのでしょう。

まずは一度、大きく深呼吸。
そして、どんなポジティブワードに変換できるか、考えてみましょう。

「これはできたんだね! すごい! だったらこっちもできるんじゃないかな?」
「一度だけお話しするから、よく聞いてね。大切なことだから、しっかり覚えておいてね」
「〇時までに〇〇を終わらせちゃおう! 協力よろしく!」
「ママはこうしたらいいと思うけれど、どうかな?」

大切なのは、「ママはあなたのことが大好きよ」という気持ちを持ち、
「あなたのことをすばらしい人だと思っているよ」と子どもを認めること。

子どもにポジティブな言葉、プラスの言葉をかけることで、
子どもの自己肯定感もUPします。

でも、もしも、ネガティブな言葉を発してしまったら……
そのときは、子どもに対して「ごめんね」と素直に謝りましょう。
そしてギュッと抱きしめて。
そのフォローも大切なのです。

ママの声かけひとつで子どもは変わってくるはずです。




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ