2018.7.30 ママと子どもの食育レシピ  

暑すぎて何を食べていいのか分からない時に、火を使わず作れる「サバ缶の冷や汁風」【ママと子どもの食育レシピ】

サバ缶の冷や汁風

真夏の暑い時期は、夏バテや熱中症にならないように注意しないといけない、こまめな水分補給に栄養バランスを心がける事が大事!
というのは理解しているけど、栄養補給といっても食欲もない時、何を食べたらいいのかわからなくなる時もありますよね。

宮崎県の郷土料理で冷や汁というお料理があります。

魚のすり身に味噌やごまを混ぜてだし汁や水で伸ばし、夏野菜・豆腐・大葉などを加えて御飯にかけて食べるものです。
昔から食べられていた家庭料理だそうなのですが、数年前頃から全国的に広まってきたように思います。

暑い日の食欲がない時にサラッと食べる事が出来、且つ美味しく栄養も補給出来る料理はまさに生活の知恵。

今回は冷や汁風なものを作ろうと思います。

伝統的な郷土料理を簡単にアレンジすることにはばかられますが、個人的にいいなと思ったのでご紹介させて頂きますね。

魚のすり身の代わりにサバ缶を煮汁ごと使いますので、だし汁もいりません。

暑い中、火も使いませんので涼しいお料理ですよ!

 

材料(2人分)


◯きゅうり ・・・・・・・・・・・・・・ 1本
◯大葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 4枚
◯サバ缶味付き(しょうゆor味噌) ・・・ 1缶(120g)
◯木綿豆腐 ・・・・・・・・・・・・・・ 1/2丁
◯味噌 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ2
◯冷水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 300cc
◯白すりゴマ ・・・・・・・・・・・・・ 適量

 

作り方



1.きゅうりは輪切りの薄切りにし、大葉は粗みじん切りにする。



 

2.サバ缶は煮汁をボウルに入れ、身の方は豆腐と共に器に入れ、軽くほぐしておく。


汁を混ぜ合わせる

 

3.2のボウルに味噌を入れて練るように溶かしてから水を注ぎ、混ぜ合わせる。


豆腐を混ぜ合わせる

4.2の豆腐とサバが入った器に1のきゅうりと大葉を加え、3の汁を注ぎ入れ、白すりゴマを降って頂きます。


完成

出来上がった後、作った冷汁を冷蔵庫でキンキンに冷やすのもおススメです。ミョウガや三つ葉、生姜などのお好みの香味野菜を入れると、より楽しめます。


※そのまま汁物としても頂けますが、御飯にかけたり、そうめんを入れるなどしてお召し上がりください!

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ