2018.8.4 What's new 

子どもと一緒に作って楽しむ!「かぞくで作るダンボール工作キット」のご紹介 -what's new-

家族みんながハッピーになれる商品を!という思いから2018年5月に誕生した「kazokutte」。

「kazokutte」のアイテムを使うことで、“まなび”に触れながら家族がともに育ち、つながりを深め、笑顔になることができる・・・そんな、家族のきずなを深めるブランドとして様々なアイテムを提案しています。

2018年7月12日に「kazokutte(カゾクッテ)」第二弾として、かぞくで作るダンボール工作キットが発売されました。
ダンボールのカメラで遊ぶ子ども

 

第二弾のコンセプトは「家族でいっしょにあそぼう」


第一弾同様、“家族のコミュニケーションを深めるアイテム提案“という視点で企画検討。家族で過ごす時間の中で、“まなび”があり、ともに成長できるコミュニケーションの方法として、第二弾は「家族でいっしょにあそぼう」というテーマに辿り着きました。家族で一緒に考え、一緒に作り、一緒に遊ぶことで、一層きずなを深めます。

ダンボール工作キットの“コミュニケーションを深める”工夫とは…


工作というと、作品を作っておしまい!というイメージがあるかもしれません。「kazokutte」のダンボール工作キットは作る過程にも、そして完成した後にも“家族のコミュニケーションを深める”工夫があります。

 

工夫その1


お子様が一人で取り組むには少し難しいと感じるかもしれません。
実はそれがポイント!家族で一緒に考えながら作ってほしい、という思いを込めた結果が「少し難しい」という形になりました。「ここを折って、ここを貼って、これとこれを組み合わせて」と会話を楽みながら取り組め、お子様のチャレンジする気持ちや手先の器用さを育む事ができます。
組み立て方はわかりやすく解説してあるので、工作が苦手な方でも楽しく取り組んでいただけます。
母と子どもでダンボールづくり

 

工夫その2


ダンボールという身近な素材を使用することで、創造力を伸ばす遊び方ができます。もちろん素材をそのまま活かしてもいいのですが、家族で一緒に色を塗ったりシールを貼ってデコレーションしたり…ほんの少し手間をかけるだけで、既製品にはない「ハンドメイドのあたたかみ」がうまれ、家族オリジナルの玩具になります。
ダンボールに色を塗った例

 

工夫その3


作ったもので遊べるように、アイテムにあわせてお絵描きシートや子ども心をくすぐる鍵が付いています。
例えば、カメラでママの顔をパシャリ!撮れたママの顔を裏面にお絵描きすれば、素敵な写真の出来あがり!鍵のついた宝箱には何を入れよう?宝箱をどこかに隠して宝の地図を描けば、宝探しの始まり!ストーリーが無限に広がります!!!
ダンボールで子どもが遊んでる様子


夏休みの作品にもおススメの、「かぞくで作るダンボール工作キット」。詳しくは公式HPをご覧ください。


 

「かぞくで作るダンボール工作キット」
■公式HP https://www.gakkensf.co.jp/kazokutte/
■発売時期 2018年7月12日
■商品内容 ダンボール工作キット(4柄・税抜1500円、組立説明書付)
・カメラ:完成サイズ136×165×130mm/お絵描き用紙10枚
・ハンドル:完成サイズ210×210×75mm/ 鍵付き
・フライパン:完成サイズ175×275×38mm/お皿・フライ返し・スプーン・フォーク/お絵描き用紙10枚
・宝箱:完成サイズ115×150×100mm/鍵付き/宝探し地図用紙5枚


 
What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ