2018.8.6 ママと子どもの食育レシピ 

タンパク質もたっぷりで、お子さまのランチメニューにも最適「かぼちゃの高野豆腐サンドフライ」【ママと子供の食育レシピ】

高野豆腐サンドフライ

暦の上ではもうそこまで秋が来ているというのに、まだまだ暑いですね!
体調など崩されていませんか?

熱中症対策に、こまめな水分補給と室温管理に余念がないことでしょう。

夏野菜には水分やカリウムが豊富なものが多く、体にこもった熱をとり、体の中からクールダウンさせてくれます。

夏に不足しがちな栄養素も補給することができるので、旬の野菜を積極的に摂りいれましょう!!

ハロウィンや冬至ですっかりおなじみになっている「かぼちゃ」ですが、実は「かぼちゃ」は夏野菜。きゅうりやメロン、スイカと同じウリ科の野菜です。

いろいろな栄養素を併せ持つスーパー野菜なので、暑い夏にたくさん召し上がってパワーチャージしてください。

 

かぼちゃの高野豆腐サンドフライ



材料(2人分)


かぼちゃ ・・・・・・・・・・ 100g
ベーコン(ブロック) ・・・・ 40g
チーズ ・・・・・・・・・・・ 20g
高野豆腐 ・・・・・・・・・・ 2枚
鶏ガラスープ ・・・・・・・・ 高野豆腐を浸す用
鶏ガラスープ顆粒 ・・・・・・ 小さじ1/4
カレーパウダー ・・・・・・・ 小さじ2
粗挽きブラックペパー ・・・・ 適量
岩塩 ・・・・・・・・・・・・ 少々
米粉(なければ小麦粉) ・・・ 15g
卵 ・・・・・・・・・・・・・・ 1/2個
生パン粉(なければ乾燥パン粉)・ 35g
揚げ焼き用油 ・・・・・・・・・ 適量

 

作り方



1・かぼちゃは種とワタを取り、適当な大きさに切り、蒸し焼きにし、熱いうちに粗くつぶす。

蒸し焼き

 
かぼちゃ蒸し焼き

 
2.ベーコンとチーズは5㎜角に切り、ボウルで粗熱を取った1と混ぜ合わせ、粗挽きブラックペパーと岩塩で味を調える。



3.高野豆腐は予めぬるま湯でもどし、適量の鶏ガラスープを浸み込ませ、軽く絞り、4つに切り、具材をはさむ切れ目を入れる。



4.3の切れ目に2を軽くまとめて詰め、6面にカレーパウダーをまぶす。



5・4に米粉→卵→生パン粉の順で衣をつける。



6・フライパンに多めの油を熱し5を並べ、油をかけながらこんがりきつね色になるまで揚げ焼きにする。

できあがり


 

かぼちゃの加熱方法



電子レンジは使わないで!!


かぼちゃは低温でゆっくり加熱するとグ~ンと甘味、旨味がUPします。
電子レンジは一気に高温になるのでかぼちゃの下ごしらえには向きません。
蒸し焼きなどの調理法で美味しくいただきましょう。

 

かぼちゃの下ごしらえ(蒸し焼き)の方法をご紹介します。


1.種とワタを取り、適当な大きさに切り、クッキングシートを敷いたフライパンに並べる。
2.フライパンとクッキングシートの間に水を入れフタをして弱火~中火でお好みの硬さに蒸し焼きにする。

※焦げないように気をつけて、途中で水を足しましょう。
マッシュ状にしたい時は熱いうちにつぶしましょう!!
そのまま冷ますと形が崩れにくく残ります。

 

かぼちゃの知っ得情報


かぼちゃ

◎保存法
丸のままなら常温で長期保存ができます。
栄養価を損なわずに保存でき、貯蔵の過程で糖度がUPします。
カットしたものは、種とワタを取り除きラップして冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

◎選び方
表面がごつごつしてなめらかでなく、爪が立たないほどかたいものが良品です。
カットしたものは種がぎっしりと詰まっていて、果肉の色が鮮やかなものを選びましょう。
完熟したものは種がふっくらしています。

◎美味しい食べ方
油炒めにしたり、ドレッシングなどと組み合わせると、美味しくいただけます。
削り節や湯葉などと合わせていただくのも、よいですよ。

 

最後に…


高野豆腐に挟むので、タンパク質もたっぷりのメニューで、お子さまのランチメニューにも最適です。
お子さんにとって含め煮などではなかなか召し上がって頂きにくい高野豆腐ですが、フライにすることで、スナック感が出て喜んで頂けること間違いなし。

ぜひお子さまと一緒に、かぼちゃをつぶして混ぜて挟んでお作りになってくださいね。

 
石井郁子 プロフィール
石井郁子プロフィール写真
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。
石井郁子Facebook
【今までの記事はこちら】http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ