2018.8.25 What's new  

お出かけは英語を使うチャンス 【親子で楽しめる、おうちでENGLISH!】 -what's new-

2020年以降、小学3年生から外国語活動が必修科目となり、ますます英語をはじめとする外国語学習ニーズが高まっています。

同時に、子どもに早くから英語を学ばせたい!と思うおうちのかたも増えています。

そんな英語事情に対して、まずは、お出かけしたときや準備のために買い物に行ったときなど、日常で使える簡単英語フレーズをご紹介。幼児の英語教育に携わる渡辺紀和子さんが、楽しく教えてくれました。

 

お出かけ前は、その行き先にちなんだ英語を使うチャンス!


家の中にいる時と外とでは、使う語彙(ごい)がかなり違ってきます。そういう意味でも、お出かけは普段使わない英語表現や単語を発語するチャンスです。

「お出かけ」という家族で外に出る機会の増える時にぴったりのテーマに合わせて英語トークを取り入れてみましょう。

例えば、「何色の電車に乗るの?」「水族館にはどんな魚がいる?」「何を持っていけばいい?」など。お出かけに向かうドキドキワクワクした気持ちと一緒に、楽しく取り入れてみてください。
海水浴場のきょうだい

 

あてっこ遊びなど、ゲーム感覚で!


お出かけは楽しい気分も手伝って、子どもたちはいろいろなことに興味津々です。あらかじめ、「おでかけ用英会話メモ」を用意しておけば、誰でも簡単に英語を取り入れられます。難しく考えずに動物の名前を英語であてっこするなど、ゲーム感覚で親しんでください。
図鑑やパンフレットを見ながら、「What’s this?」(これは何?)。「It’s a monkey!」(これはおさるさん!)といった具合です。

 

今週の「ENGLISHフレーズ」


お出かけは、普段使わない単語・表現を使ってみるチャンスです。
・Look both ways.(右見て左見て)
・Let’s buy a ticket.(切符を買おう)
・Let’s take a train.(電車に乗ろう)
・Give me your hand.(手をつないで)
・Watch out for cars.(車に気をつけて)
実際の体験や動作に結びつきやすいので、外出したときこそ英語を使うのに最適です。

 
英語への関心がちょっとうすれてきたり、マンネリ化してきた時にも、「お出かけ」時の英語は有効です。いろいろな人と一緒に楽しむこと、「お出かけ」を英語タイムと決めてみること、普段と違う形で無理なく楽しく取り組めること。そんな風に、細く長く、お休みの日のお出かけだからできることも取り入れながら英語を活用してみてください。

【関連記事】親子で楽しめる、おうちでENGLISH!シリーズ

(編集協力:#のびるこラボ

 
渡辺紀和子(わたなべ きわこ):<こどもちゃれんじ>編集部で様々な年齢を対象に教材を作ったあと、<こどもちゃれんじbaby>の開発に携わる。働くママ向けの雑誌<bizmom>編集を経て、子ども英語教材として「イード・アワード」を4年連続最優秀賞を受賞している<こどもちゃれんじEnglish>で子どもの英語教育に携わる。

What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ