2018.8.27 ママに届けたいメッセージ 

子どもに「嫌なことからは逃げてもいいよ」と伝えることも必要です 〜ママに届けたいメッセージ  Vol.198~

おでこを合わせる母と娘

夏休みも終わり、新学期。
久しぶりの幼稚園や学校。

やっとお友達に会える!と、ワクワクしている子どもも多いでしょう。

一方で、幼稚園や学校や、お友達や先生が大好きでも、
長い休みの後はなんとなく憂うつになってしまう子どもも少なくありません。

「お友達も待っているよ!」
「みんな会いたがっているよ」

ポジティブな言葉をかけて、子どもに「学校は楽しいよ」と伝えたい気持ちにもなりますが、
それもプレッシャーになってしまうかもしれません。

朝起きられない。
体が思うように動かない。
食欲がない。
元気がない。
笑顔がない。

いつもと違うサインは出ていませんか?

そんなとき、無理に子どもの気持ちを盛り上げて、変えてあげる必要はありません。

そんなこともあるよね。
心をちょっと休ませてあげようか。
と考えて、子どもに寄り添ってあげましょう。

子どもは、親に認めてもらいたい、ほめてもらいたい、悲しんでほしくないと、
必要以上に頑張ってしまうもの。
心が折れそうになっても、それを親にすら見せない子どももいます。

子どもが、ちょっと頑張りすぎているかな?と感じたら
さりげなく手を差し伸べ、親子で、心身ともにゆっくりする時間を持ちましょう。

「嫌なことがあるのならしなくていいんだよ。逃げていいんだよ」
その一言で、救われる子どもがたくさんいることを覚えておきたいですね。




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ