2018.10.20 What's new 

スポーツの秋は、“Let’s …”ではじめよう!【親子で楽しめる、おうちでENGLISH!】 -what's new-

2020年以降、小学3年生から外国語活動が必修科目となり、英語をはじめとする外国語学習ニーズがますます高まっています。

同時に、子どもに早くから英語を学ばせたい!と思うおうちのかたも増えています。そんな英語事情に対して、幼児の英語教育に携わる渡辺紀和子さんから幼児期に使える親子英語フレーズを紹介します。

今回は、秋のイベントがテーマ。スポーツを通じて、「何かに誘う」シーンに簡単に使える英語をみていきましょう。

 

“Let’s ...”「〜しましょう」で、英語コミュニケーションのきっかけづくり


毎日の生活に英語のコミュニケーションを取り入れる際、何を言おうか迷うことも多いと思います。アクティブに活動できる秋なら、“Let’s ...”は後ろに動詞をつけるだけで、いろんなシーンで声掛けとして使える便利な表現です。

公園を走る子どもたち

 
お天気が良くて公園に行ったならば、「Let’s play!」(遊ぼう!)「OK!」(いいよ!)なんて会話も、心が弾むでしょう。「Let’s eat!」(さあ、食べましょう!)「Let’s race!」(競争しよう!)なんかも取り入れやすいでしょう。

お子さんを何かに誘うときに、使ってみてください。

 

短時間でもOK!スポーツと一緒に「楽しかった」という余韻を


運動会・遠足など、アクティブなスポーツの行事が目白押しの秋。とはいえ、楽しい半面お子さんもおうちのかたもお疲れ気味になってしまっては元も子もありません。短時間でも楽しめるものを選び「やってみようか?」と誘うこと、「今日はおしまいにしようか。楽しかったね!」と切り上げるのもポイント。

短時間でもどれだけ充実しているかが大事なので、「楽しかった」という余韻の中でスポーツと一緒に英語に触れてみてください。
運動会

 

今週の「ENGLISHフレーズ」


・Let’s go!(さあ行こう!)
・Let’s race!(競争しよう!)
・Let’s dance!(踊ろう!)
・Let’s have lunch!(お昼にしましょう!)

スポーツの秋、「何かに誘う」シーンで取り入れてみたいですね。
頬杖ついて想像する子どもたち

秋は、気候も良く過ごしやすいのでアクティブなイベントが目白押しです。「お外に行ってみようか。」「公園に行ってみようか。」「落ち葉を集めてみようか。」…など、外への関心も高まります。
スポーツの秋、今週の「ENGLISHフレーズ」を参考に、折にふれて英語を使って誘ってみてください。英語がもっと身近になりますよ。


【関連記事】親子で楽しめる、おうちでENGLISH!シリーズ

 
渡辺紀和子(わたなべ きわこ):<こどもちゃれんじ>編集部で様々な年齢を対象に教材を作ったあと、<こどもちゃれんじbaby>の開発に携わる。働くママ向けの雑誌<bizmom>編集を経て、子ども英語教材として「イード・アワード」を4年連続最優秀賞を受賞している<こどもちゃれんじEnglish>で子どもの英語教育に携わる。

What’s new
子育てママに贈るおすすめ情報。
このコーナーでは、ママに関することや育児に関することなど、役に立つ情報や旬な話題をお届けします。

▼コチラから「What’s new」のバックナンバーもご覧頂けます。
◯「What’s new」のバックナンバー




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ