2018.12.10 ママに届けたいメッセージ 

信じて待つということが、子どもの学びのチャンス 〜ママに届けたいメッセージ  Vol.213~

外国人の子どもたち

子どもを見ていると、
つい、こうしなさい、ああしなさいと
口を出したくなる。

「○○しなさい」というセリフを
1日何回発するだろうか。

その度に、
「そんなこと分かっているよ!」
「今やろうと思ってたのに」
「もう少ししたらやるのに」
という返事が返ってくる。

親から見ると、
子どもは頼りなく
親の手厚いサポートが必要なように見えるもの。

でも、子どもは子どもなりに
しっかりとした考えを持ち、
親が思う以上に大人なのかもしれない。

ただ待つ、黙って見守るというのは、
とても忍耐力がいる。

そんなとき、親は全く違う、自分のことに集中すると良い。

子どもを信頼して、
子ども自身に任せる。

もしそれで失敗しても、
それは学びのチャンスだと思えばいい。

親の役目は、高い木の上から見守るようなものだから。




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ