2019.2.4 ママに届けたいメッセージ 

親の理想って、子どもにとってはどんなもの? 〜ママに届けたいメッセージ  Vol.220~

ベンチに座る親子

みなさんが思い描く子どもの理想像とは、
どのようなものでしょうか。

明るく元気な子
礼儀正しい子
社交的な子
協調性のある子
リーダーシップの取れる子
勉強ができる子
スポーツができる子……

きっと、いろいろな理想を持っているでしょう。

子どもを立派に育てたいというのは、
誰もが思うことですし、
子どもに期待するのは親として当然のこと。

でも、親の理想を子どもに押し付けてしまうのは、
ちょっと考えたいもの。

親が叶えたくても叶えられなかった夢を子どもに託したり
こうあるべきという理想の子ども像に我が子を当てはめようとするのは
子どもにとって、重荷になるかもしれません。

では、どうしたら過度の期待をせずに、
また、理想を押し付けずにいられるのでしょうか。

大切なのは、子どもを信じ、尊重すること。

たとえ自分の子どもであっても、
親と子どもはそれぞれ個性があり、ひとりひとり違う別の人間です。

「親がこうだったから子どもはこうだろう」
とか、
「親はこうだったから、子どもはこうした方がいいだろう」
というのが当てはまるとは限りません。

まずは子ども自身を見つめ
子どもの個性を大切にし、
子どもの持つ力を信じてあげましょう。

子どもが歩む人生を、そっと支えてあげるのが、
親の役目なのです。




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ