2019.3.2 ブランシェスよりメッセージ 

3月5日はサンゴの日

サンゴの日2019

“3月5日はサンゴの日”

「3と5」の語呂あわせと、珊瑚は3月の誕生石であることから、WWF(世界自然保護基金)が、サンゴ保全と育成を目的とし1996年に制定されました。

 

ブランシェスでは、沖縄の海にサンゴを植える活動をしています


サンゴ

ブランシェスでは、絶滅の危機に瀕しているサンゴを再生するべく2010年より、“未来のこどもたちに感動できる海を残す”を趣旨に、オリジナルハンドタオル1枚につき40円を(有)海の種に寄付し、沖縄の海にサンゴを植える活動をしています。

ハンドタオルはケナフを使用し環境に配慮された商品の証であるバイオマスマーク付きの日本製今治タオルです。
2015年には“ソーシャルプロダクツ”アワードを受賞しました。
ソーシャルプロダクツアワード

400円とプチプラなので、おこづかいでママやパパへのプレゼントとして購入する、環境にも親にも優しい、ちびっこもたくさんおります。

今からですと“ホワイトデー”でのお返しにもピッタリですね!

サンゴのためになるハンドタオルをプレゼントするなんて、ワンランク上のセレクトとして送った側にも“おっ”と思ってもらえるのではないでしょうか?

 

サンゴタオルはちびっこデザイナーのデザイン


chibikko-designer-photo
そんな現在絶賛発売中のサンゴタオルはちびっこデザイナー募集で170名もの応募の中から選ばれた、6才と7才のちびっこデザイン。

この企画をきっかけに、川の清掃活動に参加をしてくれたり、周りにサンゴの事や環境の事を伝えてくれたり、自ら考え自ら行動してくれています。

 

国際サンゴ礁年オフィシャルサポーターに任命


昨年2018年は10年に一度の“国際サンゴ礁年”という事で、環境省から国際サンゴ礁年オフィシャルサポーターに任命され、さまざまな企画を実施しました。

11月には有志メンバーで沖縄へ行き、200株の記念サンゴを含む22株を沖縄の海に植えました。
200株サンゴ

あれから、3ヶ月後・・植えたサンゴちゃんの様子が気になっていたところ、沖縄のシーマックスダイビングクラブさんから、報告写真が届きました。

まだ成長は数ミリですが、しっかりと根が岩にひっつき安定した様子が伺えます。
このまま、元気に育ってくれる事を願います。
ひき続き、ご報告頂けるのでお楽しみに!

 

2019年1月現在ハンドタオル売上枚数は14,527枚、寄付額は525,000円、植えられたサンゴは238株となりました


海の種

ハンドタオル売上の寄付で植えられたサンゴは(有)海の種のホームページに記載されています。

サンゴは動物ですが、体の中に褐虫藻という植物プランクトンが共生しており、その褐虫藻がCO2を吸収して光合成をして酸素を作り出しています。

また、サンゴ保全付きハンドタオルの生地には、樹木の4倍以上CO2を吸収する環境植物と言われているケナフを使用し、製品化する事によって炭素を固定化!
CO2削減に役立っております。

 

最後に


海

今年の夏でブランシェスがサンゴ保全活動を始めてから、10年目に入ります。
サンゴ活動10周年記念として、お客さまに楽しみながら環境やサンゴについて、考えてもらえる企画を検討中です。
形になりましたら、また発表しますのでお見逃しなく!

 
サンゴ保全寄付付きハンドタオル購入はこちら↓
http://www.branshes.com/shop/e/esango_srd/
※全国のブランシェス店舗でも取り扱っています


 
「ブランシェスのサンゴの森」
http://www.branshes.jp/sango/

 



ピースフルブランシェス

 
☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー

 
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ