2019.4.30 ママと子どもの食育レシピ  

ドレッシングでマリネするだけの簡単なお料理「タケノコのマリネ」の作り方

タケノコのマリネ

若葉が芽吹く新緑の季節、暑い日中でも木陰に入るとひんやりと風が気持ち良いですね。

この時期の旬のお野菜といえば筍(タケノコ)。

木の芽和えや煮物など、筍料理はたくさんありますが、茹でた筍をさっぱりしたドレッシングでマリネするだけの簡単なお料理「タケノコのマリネ」をご紹介します。

 

タケノコのマリネ



 

材料


タケノコのマリネ材料

※作りやすい分量
茹で筍(小) ・・・ 1個
いんげん豆 ・・・・ 1p(15本程)
アスパラガス ・・・ 2本
Aオリーブ油 ・・・ 大さじ5
Aレモン汁 ・・・・ 大さじ2
A塩 ・・・・・・・ 小さじ1/2
Aコショウ ・・・・ 少々

 

作り方



 
1.筍は一口大の薄切りにし、いんげん豆はヘタと筋を取り除き、アスパラガスは根本から10センチ程をピーラーで皮をむいて3等分に切っておく。

▼タケノコ
タケノコをカット

▼アスパラ
アスパラ


 
2.鍋に湯を沸かし、塩少々(分量外)を入れ1のいんげん豆を入れて3分程茹でてからアスパラを加えて更に1分茹で、ザルに上げて冷水を通してしっかりと水気をきっておく。

材料を茹でる



 
3.ボウルか保存容器にAを入れよく混ぜ合わせてマリネ液を作る




 
4.3のマリネ液に1の筍と2のいんげん豆とアスパラを加えてよく和えてしばらく置く

しばらく置く

 
5.できあがり

タケノコのマリネ完成

 
作り置きにしておいて、そのまま食べたり、サラダに合わせたり、お刺身を絡めてカルパッチョにしたりとアレンジは自由自在です。
マリネ液はシンプルに塩コショウと作り方にありますが、ハーブソルトやお好みのフレーバーを加えても更に美味しくなると思いますよ!

 
フードコーディネーター西田 佳代子
ホリオクッキングスクール「フードコーディネーター養成コース」を卒業後、レストランの店長として働く。
その後ホリオクッキングにて、料理撮影やお料理教室のアシスタントとして働き、現在は独立し、自宅で料理教室を主宰する傍ら、企業へのレシピ提供・商品開発・店舗プロデュースなど、フードコーディネーターとしても活躍中。又、農産物の加工食品の商品開発・販売なども手がけている。
特技は、美術大学出の、イラスト描き。写真の替りにイラストでの雰囲気の演出が可能!【お料理教室cotocoto】【西田佳代子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/kayoko-nishida/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ




☆ブランシェスオフィシャルサイト
http://www.branshes.jp/index.php
オフィシャルサイトバナー
☆ブランシェス公式オンラインショップ
http://www.branshes.com/shop/top.aspx
ブランシェスオンラインショップ