2019.5.21 ママと子どもの食育レシピ  

手作りサンドウイッチ感覚で楽しめる、こぶりなフォカッチャレシピ

行楽弁当にも、手作りサンドウイッチ感覚で楽しめる、フライパンで作るこぶりなフォカッチャレシピです。

フォカッチャ


こぶりなフォカッチャ

 

材料:パン生地8枚分(フライパン28センチ2台分)



強力粉 ・・・・・ 168g
薄力粉 ・・・・・ 42g
ドライイースト ・ 4g
きび砂糖 ・・・・ 8g
塩 ・・・・・・・ 2g
オリーブ油 ・・・ 10g
水 ・・・・・・・ 134g

 

フィリング


焼き豚、サラダ菜、マヨネーズ&マスタードなど

 

パン生地の作業手順



1.ボウルに強力粉、薄力粉を入れ、手前にドライイースト、イーストの反対側に塩を入れる



2.ドライイーストに粉類をを少しかけて軽く混ぜて、全体に混ぜ合わせる



3.真ん中にくぼみをあけて、砂糖を入れ水を半量かけて溶かしてから、残り全部入れて混ぜあわせる

水と生地の材料を混ぜる


4.台の上に出し、オリーブ油を少量手につけて2分捏ねて、残りのオリーブ油を全量を入れて5分捏ねる



5.10~20回台に叩きつけていきます。



6.丸め直しをして、ボウルに油を少量塗り、捏ねあがりの柔らかめの生地をのせる

丸め直した生地


7.フライパンに水200ccを入れて、6の捏ねあがりのボウルに、ラップをしてフライパンにのせて、弱火で1分加熱して、火を消して20分置く

丸まった生地


8.約2倍の大きさになっていれば、OKです

2倍になった生地


9.1次発酵した生地を8等分に丸め直しをして、乾燥をしない様に密封容器に布巾をのせて、パン生地を置き蓋をして20分置いておく

布に乗せた生地

 
10.成形をする

・きれいな面を下にして、手で軽く押さえる

・めん棒でだえん型に伸ばす
麺棒で楕円に伸ばした生地

・向きを横にして丸型に伸ばす
丸型に伸ばした生地


 
11.フライパンにクッキングシートを敷き、丸めた生地をフライパン1台につき4枚並べる

フライパンに並べた生地

 
12.蓋をして弱火で1分加熱をして火を消して、蓋をしたまま25分置いておく(仕上発酵)

仕上げ発酵中

 
13.1.5倍膨らんだ生地が目安となります

1.5倍に膨らんだ生地


 
14.このあと、蓋をして表裏8分ずつ焼く

裏も焼いてるフォカッチャ

 
15.焼きあがったパンを半分に切って、お好きな具材を挟んでください



16.サラダ菜、マヨネーズ&マスタードなどをぬり、焼き豚を挟んでくださいね



テフロン加工のフライパンが、パン作りではオススメです。
めん棒で伸ばす際は、柔らかめの生地なので、表裏ひっくり返して伸ばすと扱いやすくなります。

是非作ってみてくださいね。

 
講師:尾下友佳子
パン教室emi-salon-kitchenオーナー会社員時代に趣味としてパン作りを始め、パン作りの楽しさ・感動を誰かにお伝え出来ればという思いから、ABCクッキングスタジオ・新町パン工房・メープルキッチンにてパン作りや講師のノウハウを学ぶ。
その後、野菜や果物を使ったはちみつレシピなどを数多く試作作り・レシピを作成し、パン作りを極める。
2008年5月、大阪府堺市の自宅サロン「パン教室emi-salon-kitchen」をオープン。
子育て中のママが『野菜嫌いな子どもに、野菜を楽しみながら美味しくパンをたべさせてあげたい』という思いで、ママと子どもにフカフカ手づくりぱんの提案をしている。
フライパンで作れるパン作りも人気。
15109428_1251953118200032_4880185784148578364_n

【ホームページ】emi-salon-kitchen

【尾下友佳子の記事】
http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/yukako_oshita/


【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ