2019.6.3 ママと子どもの食育レシピ 

爽やかな風味と美味しさ!「鶏ひき肉の香味揚げ」の作り方

鶏ひき肉の香味揚げ
野山の緑も増す爽やかな、新緑の季節に相応しい香味野菜のレシピをご紹介します。

新生姜・茗荷・大葉を使ったメニューはお子さまにはちょっと...と思われるかもしれませんが、油で揚げることでピリッとした辛みが和らぎ、爽やかな風味と美味しさが広がりますよ!

 

鶏ひき肉の香味揚げ


<材料>(6個分)
新生姜千切り ・・・・・・ 15g
茗荷千切り ・・・・・・・ 1/2本
大 葉 ・・・・・・・・・ 6枚
◎新生姜みじん切り ・・・ 6g
◎鶏挽肉 ・・・・・・・・ 90g
◎片栗粉 ・・・・・・・・ 小さじ1
◎だし醤油(めんつゆ可)・ 小さじ1/2
◎お好みの塩 ・・・・・・ 少々
水溶き片栗 ・・・・・・・ 片栗粉小さじ1+水小さじ2)
揚げ用油 ・・・・・・・・ 適量

 

作り方



1.新生姜はよく洗い皮付きのまま千切りに、茗荷も千切りにする。

新生姜の千切りみょうがの千切り

2.大葉は洗い水気をふき取る。


3.ボウルに◎の材料を混ぜ合わせ、しっかりこね、細長く成形する。


4.水溶き片栗をくぐらせた3を2にのせ、その上に1をのせてくるりと巻く。

材料を一つに巻く

5.4を再び水溶き片栗にくぐらせ、170~180℃に熱した油で3分程揚げる。

出来上がり

お好みでポン酢や塩をつけてお召し上がりください。

 

新生姜って ふつうの生姜とどう違うの?


生姜
生姜は春に種生姜を植えて秋に収穫します。

私たちが店先で通年見かけるものは、前年の秋に収穫して2か月以上貯蔵してから出荷されるもので、根生姜やヒネ生姜と呼ばれています。新生姜は種付けに使ったヒネ生姜の上の部分にできた新しい根の部分。

6月頃から8月頃までおおく出回る夏が旬の新生姜ですが、実は秋に収穫し貯蔵せずにすぐに出荷する色白のものも新生姜といいます。

皮が白っぽくて茎の付け根部分が鮮やかな紅色をしていて、スジが少なくさわやかな辛味が特徴です。

旬の食材を組み合わせて、ぜひ美味しく召し上がってください。
 

石井郁子 プロフィール
石井郁子プロフィール写真
日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ上級プロ
日本野菜ソムリエ協会認定地域校 宝塚教室主宰野菜ソムリエの最高峰である 野菜ソムリエ上級プロとアロマテラピーインストラクターの資格を併せ持ち、「美」×「健康」×「食」をテーマにした食育活動を行う。
農水省、厚労省の食育講師、企業依頼のトークショー、カルチャースクール講師、大手百貨店主催の料理教室講師、レシピ提案など幅広い分野で活動。
石井郁子Facebook
【今までの記事はこちら】http://www.branshes.jp/_wp/blog/tag/ikuko-ishii/

【ブランシェス「mama_koe」では、ママとお子様にやさしく簡単にできるお料理をご紹介しています】
ママと子どもの食育レシピシリーズ